fbpx

主な警告灯と対処法

毎日を安心して愉しむために、知っておきたい警告灯の意味と対処法

さまざまな警告灯は、愛車からの重要なサイン。
警告灯には、システムの異常を知らせたり点検・整備の必要性を伝える、重要な役割を担っています。それぞれの意味と対処法を把握しておけば、予期せぬ事態にも慌てることはありません。いつでも快適にドライビングをお愉しみいただくため、知っておきたい警告灯のポイントをご紹介します。


3度以下の警告灯

外気温が摂氏3℃以下になると、警告音とともに外気温表示のインジケータが点滅します(警告音は一度だけです)。これは、「路面が凍結する可能性があるので、注意して運転するように」と、ドライバーに教えるものです。とくに、冬季は、急激に温度が下がり、路面が凍結していることが考えられます。いつも以上に無理のない運転を心がけましょう。

タイヤ空気圧
警告システムRPA

タイヤ空気圧の減少を知らせます。速度を落として慎重に停車し、BMW 正規ディーラーへご連絡ください。走行を続ける場合は、急なブレーキやステアリング操作を避けてください。


油圧警告灯

エンジン・オイルの圧力に異常があると点灯します。すぐに停車してiDrive メニューからオイル量をチェックしてください。充分な量にも関わらず点灯する場合は、運転を停止してBMW 正規ディーラーへご連絡ください。


水温警告灯

エンジン冷却水の温度が異常に高く、オーバーヒートの怖れがある場合に点灯します。ただちに安全な場所に停車して、BMW 正規ディーラーへご連絡ください。なお、冷却水が冷えていない状態でラジエーター・キャップを開いての点検は、危険ですのでご注意ください。

充電警告灯

オルタネーターやベルトなど、充電系統に異常があると点灯します。そのまま運転を続けるとバッテリー上がりの可能性があるので、速やかにBMW 正規ディーラーへご連絡ください。

ブレーキ警告灯

ブレーキ・フルードの不足やブレーキ系統の異常が考えられます。すぐ安全な場所に停車して、BMW 正規ディーラーへご連絡ください。

エアバック警告灯

エアバッグ・システムやシートベルト・テンショナーが故障している可能性があります。ただちにBMW 正規ディーラーへご連絡いただき、点検を受けてください。

エンジン警告灯

エンジンの制御システムなどに異常があると点灯します。なるべく走行を控え、速やかにBMW 正規ディーラーで点検を受けてください。

ABS 警告灯

ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)に異常があると点灯します。通常のブレーキ性能は確保されますが、急ブレーキを避けて、ただちにBMW 正規ディーラーに点検を依頼してください。

DSC 警告灯

点灯した時は、DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)に故障の可能性があります。BMW 正規ディーラーに点検を依頼してください。

ステアリング警告灯

ステアリング・システムに故障の可能性があります。BMW 正規ディーラーに点検を依頼してください。

ドア警告灯

ドアがきちんと閉まっていない場合に点灯します。そのまま走行せず、停車してきちんとドアを閉め直してください。

シートベルト警告灯

運転席または助手席のシートベルトを装着していない時に点灯・点滅します。助手席に物が置いてある場合に作動することもあります。すぐにシートベルトを装着してください。

燃料警告灯

燃料残量が規定値以下になると点灯します。速やかに燃料を補給してください。

手動による速度制限

設定した速度を超えた場合に点滅し、場合によっては信号音が鳴ります。速度を落とすか、ステアリング・ホイールにあるボタンでシステムをリセット(解除)してください。

さらに詳しく知りたい方はアプリからもご確認いただけます

オーナー様向けに、スマートフォン用アプリを提供しています。
知性と革新性に満ちたテクノロジーが、あなたとMINIの日々をより便利で快適なものにし、すべてのドライブを素晴らしい体験に変えてくれます。

BMW DRIVER'S GUIDE.

MINI DRIVER'S GUIDE.

MINI DRIVER'S GUIDEは、お客様のMINI専用の取扱説明書をお手元のスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末でご覧いただけるアプリケーションです。

APPSTORE