MINIブランドで最大サイズかつ最も強力なガソリンターボエンジンを併せ持つ、MINI JOHN COOPER WORKS CROSSOVERです!

昨年3月2日(ミニの日)に初フルモデルチェンジで登場したMINI CROSSOVERから、MINIの最上位モデルであるJOHN COOPER WORKSのMINI CROSSOVERも登場いたしました。

 

 

 

レーシングスピリッツが詰まったインテリア

 

JOHN COOPER WORKS専用のスポーツシート、赤いステッチが施されたレザーステアリングはJOHN COOPER WORKSのエンブレムがあしらわれ、スピードメーターやナビ周りもがJOHN COOPER WORKS専用の遊び心あるデザインに仕上げられています。
また、JOHN COOPER WORKSで標準装備となっているヘッドアップディスプレイは運転時の目線を保ったまま速度やナビの情報を確認でき、運転に集中できる機能となっています。

 

 

 

MINI独自の4輪駆動システムALL4

標準装備の4輪駆動システム”ALL4”は、通常は前輪駆動ですが、路面に応じてコンピューターで後輪駆動や4輪駆動に切り替わるシステムとなっています。
通常走行では前輪駆動なので、燃費をそこまで気にせずともいざという時の安心感があるのは嬉しいですね。

 

 

 

標準装備の先進安全機能

リアビューカメラ、ドライビングアシスト機能、パーキングアシスト機能、前後の障害物検知機能、アクティブクルーズコントロールなど快適な運転と安全性の機能が標準装備されたモデルです。ルームミラー内蔵のステレオカメラと全後方にミリ波レーダーを備え、夜間や悪天候時にも安定した走行をサポートします。

 

 

 

高出力170kW、最大トルク320Nm、0-100km/h加速6.5秒を発揮するためのエンジン

同じ排気量で同じMINIツインパワーターボエンジンを積むCOOPER Sと何が違うのかとよく聞かれるのですが、簡単に言うとJOHN COOPER WORKSはエンジンの出力を引きあげられる仕組みになっています。
まずピストン形状を低圧縮化するための形状に変更し、出力が上げられ、冷却性能を上げるために大容量のラジエーターを搭載しています。フォグランプがないのはそのためです。
さらにターボチャージャーとエキゾーストマニホールドを一体型にすることで、より空気をエンジンに送り込んでパワーを発揮します。
エンジンをかけた時の心地よいエンジンサウンド、加速時のエキゾースト音はJOHN COOPER WORKSでしか味わえません。

 

 

 

JOHN COOPER WORKS専用のブレーキシステム

JOHN COOPER WORKSにはパワーがありますので、高い制動力のあるブレーキが備えられています。特徴的なJOHN COOPER WORKSのロゴが刻印された赤いブレーキ・キャリパーは高級車やレースマシンでも豊富な実績を誇るブレンボ製です。バネの下重量を下げ、スポーツサスペンションとのバランスを最適化し、走行を安定させれだけでなくブレーキシステムの寿命を長くしています。
MINIの最上グレードであるMINI JOHN COOPER WORKSで、車体の大きさも叶えるCROSS OVERですので、MINIモデルの中でも特に存在感のあるモデルです。

 

 

 

ぜひ、ショールームへお越しください

見た目の存在感だけではなく、クロスオーバーはアイポイントが高く運転の安心感があり、走行を存分楽しめるモデルでもあります。
ぜひ、ご試乗で確かめてみてください!